法人の新規設立や新規開業をする時について

法人や個人の事業者の課税期間の基準期間の課税売上高が1千万円以下の場合は、消費税の納税の義務は免除となります。

納税の義務が免除される場合について

消費税上、課税期間の基準時間内の課税売上高が1千万円以下である事業者は、納税義務が免除されることになります。

法人が1992年4月1日から2012年3月31日までの間に製作されて一度も使われたことのないエネルギー需給構造改革推進設備などを取得・製作・建設をして、その取得日から1年以内に日本内の法人の経営する事業用として使った場合に、その事業用として使った日の含まれる事業年度に特別控除や税額控除が可能になる制度があります。また、法人が2009年4月1日から2012年3月31日までの間に製作されて一度も使われたことのないエネルギー需給構造改革推進設備などを取得・製作・建設をして、その取得日から1年以内に日本内の法人の経営する事業用として使った場合は、その事業用として使った日の含まれる事業年度に、上記のことを問わず即時償却することが可能になります。(.......続きを読む)

サービスの提供や商品の仕入れに対して支払う価額には、消費税などが入っています。 この消費税などの額数は、売上に対する消費税などの額数から控除することができ、控除しきれない部分が生じたら、確定申告を行うことで還付されることになります。しかし、この還付の為の申告書が出せるのは、下記のような人です。(.......続きを読む)

Copyright© 2014 よくわかる農地の税金 All Rights Reserved.